スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極楽とんぼ山本事件」吉本の裏の動き

極楽とんぼ山本さんが解雇された事件ありましたね。

復帰は難しいですね。

しかし、吉本の裏ではこんな動きがあったのです。

その裏で動いていた人物は・・・

なんと、あの2人。  ※噂です

その前に。

山本さんが解雇された時、

加藤さんは吉本に「解雇はやりすぎでしょう!」と講義したんです。

しかし、吉本から事件の一部始終を聞き加藤さんは解雇を受け入れた。

でも事実上解散はしていないということで極楽とんぼの名前は残している。

ラジオでも「極楽とんぼの加藤浩次です!」とコンビ名を言ってから始めている。


そして!裏で極楽とんぼ山本さんを復帰させようと解雇取り消しに動いている人物!

その2人とは!

ダウンタウン松本人志 と 島田紳助

松本さんは板尾さんが似たような事件で解雇された時も吉本に

「あいつは才能があるんで復帰させて下さい」

と頼んだそうです。

芸能人は世間に顔が割れているので外で働くのは不可能に近い。
それは死ねって言ってるようなもん。
だからこそテレビに出て・・・というのが松本さんの考えでもある。

紳助さんは過去に似たような暴力事件を起こして謹慎を受けていたので
自分と似たような境遇だなという事で動いている。

ちなみにビートたけしさんは山本さんに働くところなかったら、うちに来いと言っているそうな。

しかし、この話は半年以上前の話であるので

今はどうなってるかはわかりません。

もしかしたら、今めちゃイケが山本さんをドキュメント形式で復帰に向けて撮影してるかもしれないですね。

でも・・・無理でしょうね。

加藤さんやめちゃイケメンバーは事件後山本さんに会っていないみたいです。
加藤さんは山本さんに会ったら絶対殴ってしまうという事で会わないと言ってました。

軍団山本の団員であるココリコ遠藤さんは、たまに電話で話してるそうです。

加藤さんのラジオで遠藤さんがゲストに来た時

加藤「あの豚とは連絡とってるの?」

遠藤「はい。たまに電話で話してますよ」

加藤「へー。何?何話してるの?」

遠藤「山本さんはやっぱり加藤さんのこと気にしてるみたいです」

加藤「え?何て言ってるの?」

遠藤「浩次はどうしてる?とか聞いてきますね」

加藤「ちょっと待って!あいつ俺のこと浩次って言ってるの?(笑)」

遠藤「はい。浩次はどう?とか」

加藤「あいつ俺のこと浩次って呼んだことないよ」

遠藤「いや、浩次って呼んでますね」

加藤「あっ、そうなんだ(笑)」

この記事へのコメント

- まな - 2008年06月09日 02:53:29

この件は事件が事件なだけにオレの中でも復帰の可能性は5%あるかないかって思います。絶対に復帰はないとは言い切れないけど。
加藤さん優しいですね。

- - 2008年06月09日 20:48:45

>>まなさん
復帰したとしても、視聴者の人は笑えるかどうか微妙でしょうね。
めちゃイケ以外ではレギュラーもらえなそうだし、メインのコーナーも難しいかも。

加藤さん優しくてかっこいいです!

山本さんは - 青春ノイローゼ - 2008年06月10日 04:19:59

思いっきり俺の地元にいます!
宮崎の日向市ってとこなんすけどね、普通に見かけますよ♪
最近は大型バイクの免許をとってハーレーを乗り回してるらしく、何よりも今山本さんはサラサラヘアーのロン毛です(笑)
ちなみに仕事は農家をしてます!

- 管理人☆池 - 2008年06月10日 20:32:10

>>青春ノイローゼさん
山本さん宮城にいるんですか!?
ロン毛ですかー!何か驚きです!
農家ですか。何かめちゃイケでもそんなこと言ってましたね!

トラックバック

URL :

自己紹介
カテゴリー
トラックワード
合わせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事人気ランキング


お笑いトリビア特選記事集
初めての方はこちらへ↑

全記事表示リンク
最近の記事
最近のコメント
お笑いDVD
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

このブログ内を検索

検索したい語句を入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

ブログランキング
 
このブログが多くの人に知れるようにランキングに参加!Let'sクリック♪
QRコード
QRコード
週間人気記事


お笑い好きな訪問者数
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。