スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のヘイポーインタビュー記事①

某雑誌にてヘイポーにインタビューしている記事がありました。

簡単抜粋して紹介したいと思います。

ヘイポー企画だけを集めたDVDとか出ていいと思います。

Qガキの使いにスタッフが出ることについて

当時のヘイポーはディレクターでダウンタウンに指示をしていた。
そしたら、ダウンタウンが「お前が人に指示するな!お前もやれやー!」

それから画面に映るようになり、だんだんと回数が増えていったとのこと。

ただ、俺たちがテレビに出ていいのかと菅さんと話し合ったそうです。
当時、スタッフが出る番組はヒットしないというジンクスがあったからだそうです。
でも、ガキの使いではそんなジンクスにあてはまることなく成功したとか。
スタッフが出る番組の先駆けだそうです。

Qガキの使いの企画はどうやって生まれるか

作家とディレクターがネタを考えて松本さんに持ってく。
だいたい半分はボツになる。
たまに、その中から企画を選ぶこともあるし松本さんからアイディアが出ることもある。
最終判断は松本さん。

Qヘイポーから見たダウンタウン

松本さん→演者としても一流で日本一の放送作家
コンビが別れて対決する企画はガキの使いが最初で松本案だったり。

浜田さん→ダウンタウンの舵取り役
全体を客観的にコントロールをしている。

Q衝撃だったことは

ダウンタウンが笑いを足すなと言ってきたこと。
バラエティで笑いを足すのは当たり前だが、ガキの使いでは笑いを足したことは一度もない。
「全部が面白いわけがない、つまらないはつまらないでいいんや」

テレビマンの常識を覆す発言だったとか。

Qガキの使いで忘れられない企画は

笑ってはいけないシリーズ。
若手スタッフが中心に作っていて会議は8月頃からスタート。
去年は紅白の裏で15パー。DVD売り上げは10万本!

Qガキの使いはゴールデンにいかないのか

ゴールデンの話は番組が始まって2年目できた。
菅さんとダウンタウンと4人で話し合った結果。
ゴールデンの話はお断り。
ゴールデンはお子様からお年寄りまで見る時間帯で、
それならそれに合わせたパッケージを作ればいい。
その枠のためにガキの使いを作ると絶対に面白くなくなってしまうから。

枠を1時間にするという話もあったが、30分にこだわって番組作りをしているそうだ。

ガキの使いは菅さんが引退するまで続くそうです。

つづく

次回はお笑い業界、テレビ業界についてヘイポーが熱く語ります!

この記事へのコメント

- お笑い好き名 - 2011年04月16日 17:35:13

こういう記事を取り上げる管理人さんには本当脱帽ですわ
改めてダウンタウンが大好きになった

トラックバック

URL :

自己紹介
カテゴリー
トラックワード
合わせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事人気ランキング


お笑いトリビア特選記事集
初めての方はこちらへ↑

全記事表示リンク
最近の記事
最近のコメント
お笑いDVD
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

このブログ内を検索

検索したい語句を入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

ブログランキング
 
このブログが多くの人に知れるようにランキングに参加!Let'sクリック♪
QRコード
QRコード
週間人気記事


お笑い好きな訪問者数
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。