スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶妙な一言を拾え~明石屋さんま編~

絶妙な一言を拾えシリーズ。
mixiのさんま師匠コミュからまとめました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3352(URl)

14 2008年10月21日 22:34

バラエティに感動の涙はいらんねん!!
バラエティは笑わせて涙流させな!!


15 2008年10月21日 22:40

「俺が話す時に絶対テロップを出すな」

16 2008年10月21日 22:46

俳優や素人の回答が間延びした時…

『間延びすな、テンポのない司会者やと思われるやろ。』

何でも笑いに変えるさんま師匠はさすが!


19 2008年10月22日 10:00

去年の27時間の深夜の女の子ランキングで上位に浜崎あゆみの名前をだして中居くんに言った一言。


『川魚と海魚が結婚することだってあり得るんやぞ』


24 2008年11月15日 11:56

「生きてるだけでまるもうけ」

は、さんまさんの師匠の名言ですよ☆


41 2009年03月07日 17:21 3104

若手に対してたまに言う

『例えば?』

かなりキラーパスやけど、言った本人のさんま師匠自身は嬉しそうやから好きです

42 2009年03月07日 18:15

幽霊なんか怖くないといふ発言をした後に、

「お前、幽霊に刺されて血流してるやつみたことあるか?」

43 2009年03月07日 21:36

あっぱれさんま大先生で田舎の小学校に行った時
テストの点数が悪くて悩んでいる生徒に

「満点は星空だけで良い」

と言って生徒&先生&保護者から大拍手をもらってた!
さんまさんて本当に素敵!ロマンチストで大好きだわ!

46 2009年03月09日 07:27

出川は一流や!

空騒ぎで一流は無理だから出川みたいな二流タレントになりたいと言った女性にたいして

こういう客観的に仕事を評価してくれる人は少ないな

49 2009年03月12日 00:29

さんまさんは、出川さんをすごい買ってますよね。
雛壇にいても出るところでは出て、自分ではないときにはしっかり身を潜める。
といった内容のことを御殿(だったかな)で言っていたのを覚えています

50 2009年03月12日 00:42

そうですね、出る時と出ちゃいけない時ちゃんとわかってるんです。
島田紳助も出川はホームランは打てないけど必ずタイムリーうってくれるって言ってました
実際とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウン、島田紳助、明石家さんま隔たりなくでてますし
芸人の中でもNo.1のユーリティープレイヤーですね 話がそれてしまいました すいません

47 2009年03月09日 11:48

どの番組だったか忘れてしまったのですが、
千原ジュニアさんとさんまさんの対談がありました。
その中でのエピソードがとても気に入ってます。

昔ジュニアさんが交通事故にあって、復活しても仕事がない情況の中で
さんまさんに“お前なにがほしい?”と聞かれたそうです。

するとジュニアさんは“仕事ください!!”と頼んでみたところ

新しい番組をする際、さんまさんはスタッフに
“千原をレギュラーにいれてやってくれ”と申し出たそうです。

名言ではないですがさんまさんの心の広さ・器のでかさを知ったエピソードとしてとても印象に残ってます。


56 2009年06月14日 03:23

どっかの社長さんに
「天国に行ったら、神様に何と言われたいか」と
質問された時の一言

「帰れ!!」


67 2009年08月02日 19:39

M-1グランプリなどのお笑いの1番を決める番組が好きじゃないと言う話題で…


お笑いは争うもんちゃうねん

その人が一番面白いと思ったらそれでええねん


さんまさんの偉大さをまた感じました。

69 2009年08月02日 21:41

からくりTVでの発言はM-1に対するさんま師匠の「お笑い番組とは何か?」という意味で痛烈な意見でした

スタジオ全体がその発言に対して賞賛に転じたので、すぐさま「別の番組でも言おう!」と得意の笑いにもってきましたが あの発言は相当重い…

70 2009年08月02日 22:27

からくり、みました。

さんまさんのお笑いに対する姿勢がわかりました。

考えてることは紳助さんとは正反対なのですね。
でも親友。
何事にも表と裏、プラスマイナスがあるように。
お互いを違って認め合ってる。きっと真友なんだろうな。


73 2009年08月16日 19:19

ジミー大西が紳助の番組で起きた事件をば

あるタレントが走ってる時にコケてしまい、それを見てジミーが大笑いしたそうです
「笑ったら、紳助兄さんに怒られました」
と、さんま師匠に報告 すると、さんま師匠曰く

「俺はOKやけどね。あいつ(紳助)は、そんなんあかんねん」


※「明石家電子台」オープニングトークより



90 2010年08月03日 22:51

ちょっと長いですが糸井重里さんとの対談でのテキストの一部より

さんま やっぱりぼくらはね、期待されたかと思えば、そっぽを向かれる。そういう人のイヤなところがもうのすごくよく見える商売なんですよ。だから、その、ダメになったときの、人の手のひらの返し方とかを目の当たりにするんですよ。

糸井 あぁー。やっぱり長く続けていくと、そういう経験は多くなるんですか。

さんま 多くなる。どんどん返されます、ええ。で、いいのが続くわけないですから。ダメなときもあるんです。

糸井 ギャンブルの負けと同じですよね。

さんま まったくそうです。

糸井 そうですよねぇ。

さんま それで、ぼくは若手に「ギャンブルしろ!」って言ってるんですよ。

糸井 ああ。

さんま もう本当にギャンブルの「流れ」はね、お笑い芸人の人生にはかなり役に立つ。もう、それはね、いってみれば、「ダメなときにどう止めるか」これだけなんですよ。

糸井 あー、なるほど。

さんま 負け分をどうおさえるか。そこはもう、テクニックもあるし、計算もあるんですけども。ぼくがいちばん、胸に刻んでいる名言があって、まぁ、なんでもないといえばなんでもないことばなんですけどね。

糸井 はい。

さんま ジョージ・フォアマンとモハメッド・アリが試合したときにアリが言ったんですけど、「わざとボディを打たせるんだ」と。どういうことかというと、「わざと打たせたボディは効かないんだ」というんですね。

糸井 あぁー、いいですね。

さんま これはかなり、役に立つんです。とくに、お笑い芸人とかタレントにはたぶん、必要なことばだと。

糸井 うん、うん。

さんま やっぱり、「あかん」というときはなにをやってもダメなんです。そういうときには、打たせなきゃいけない。わざと打たせたら、耐えられるんですよ。

糸井 はぁ、はぁ、はぁ。

さんま ところが、「オレは大丈夫だ」と思って、行って打たれると、効くんですね。さすがモハメッド・アリっていう。

糸井 すごいですねぇ。

さんま そういう名言があるんですけどね。これは、ぼくの、世間には言ってない座右の銘ですよね。

糸井 はぁー。

さんま 簡単に教えたらあかんと思ってるから。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介
カテゴリー
トラックワード
合わせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事人気ランキング


お笑いトリビア特選記事集
初めての方はこちらへ↑

全記事表示リンク
最近の記事
最近のコメント
お笑いDVD
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

このブログ内を検索

検索したい語句を入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

ブログランキング
 
このブログが多くの人に知れるようにランキングに参加!Let'sクリック♪
QRコード
QRコード
週間人気記事


お笑い好きな訪問者数
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。